スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回古本フェス@トリペル

です。

10日目、雨も上がり、寒くはなったものの、最終日らしく賑わいました。
Librettoさんの息子さんも、昼イチで駆けつけて、3度目の店番を。
だいぶ手馴れて、またどこかの古本イベントで活躍すると思います。ありがとう。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

これまで、4回の古本フェスを開催しました。当初は、自分が好きな古本屋さんや、知人の古本屋さんなど、従来の古本まつりに参加されてない方などの古本が集まったら、と、また、自分自身の並べきれてない古本を並べてみたらどうだろう、と自分勝手な動機から始めたイベントでしたが、参加いただいた方々、宣伝にご助力いただいた方々、そして、何より、足を運んでくださった方々のお蔭で、自分の想像以上の楽しいイベントになりました。改めまして、感謝申し上げます。

まだまだ出店していただきたいお店もたくさんあります。実際に店舗のある古本屋さん、オンラインの古本屋さん、古本好きな一般の方。また、どこか場所をお借りできるところがありましたら、古本フェスを続けていきたいと思っております。

ひとまず、古本フェス@トリペルは、これにて終了。
今までご参加いただいたお店の皆様、宣伝にご助力いただいた皆様、お越しいただいた皆様、フライヤーデザインをしてくれた、ぱんとたまねぎの林舞さん、いつもながら色々助けてくれた、町家古本はんのきのメンバー、トリペルのメンバー、どうも、ありがとうございました。また、いつかどこかで。

         なかむら
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

本日より通常営業です そして…

古本フェスは大好評のうちに終わり、本日より通常営業です。
マンガを元の棚に戻し終わり、いつものトリペルです。

さて、ここで重要なお知らせです。

トリペルは3月15日(木)をもって営業を終了いたします。
ハイ、閉店です。

非公式にはお伝えしてましたが、公式(?)ブログでは初めてですね。
突然の発表になりまして申し訳ありません。あと半月、特別のことなくいつもどおりの営業はありますので、
よかったらまた本を読みに来てください。
店主それぞれの思いがあるので、ここに経緯は書きません。
聞きたい方は、直接聞いてね。

営業終了後、3月16日(金)から18日(日)にマンガフェスと称して、店内のマンガを販売するイベントを行います。ここでも日替わりで店主が登場しますので、よろしければ、どうぞ。詳細は後日またブログ等で告知します。

では、のこり少ない時間ですが、よろしくお願いします。

おか

第4回古本フェス@トリペル・8日目・9日目

です。

8日目、良いお天気でした。小春日和。ちょっとした問題(?)も起こったものの、穏やかに一日が過ぎていきました。ちょっと居眠りしたのは内緒(もちろんお客さんがいない時)。閉店後、はんのきに避難させていたマンガをトリペルへ。この時は、日曜の夜に雨予報が出ていたので。問題(?)を起こした、思いの外君と。

9日目、午前中は雨降りだったものの、午後しばらくしてやみました。その頃から、お客さんが途切れなく。少し寒いものの、さすがは土曜日。Librettoさんの息子さんの再びの店番。今日は電卓の使い方を覚えました(たぶん)。「ありがとうございました。またお越しくださいませ。」と、コンビニで覚えたらしい言葉も使って。来年ぐらいには、一人で任せられるかな。もうひとかた、古書柳さんも、お店番をしてくださいました。本の話をしながら。ありがたいことです。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

いよいよ明日で最後。トリペルで最後、の古本フェスの最後、の日です。
まだまだあるよ、面白そうな本。ということで、以下、勝手に推薦本。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

Books Subbacultchaくんの本より。イラストレーター・原田治さんの美術本。評論というよりは、私見、に近いのでしょうか。小村雪岱や鏑木清方といった近代の画家から、北園克衛など戦前・戦後の画家・アーティストのことなど、装幀や挿絵など、本に関わる人たちが多く取り上げられているのも流石。さばかるちゃくんの簡潔かつ的確な推薦文。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

Librettoさんの本より。空にまつわる、文章、詩、写真、絵で構成されたアンソロジー。素敵すぎます。造型もいいです。吉増剛造さんて、昔から写真を撮ってらっしゃったんですね。

画像クリックで拡大

London Booksさんの本より。作家、画家、漫画家、芸能人、文化人の、或る日のお酒の話のアンソロジー。読んでると、呑みたくなったり、呑みたくなくなったり。お酒の失敗話は面白いですね。で、それを肴に、またお酒を呑む、とゆう。

画像クリックで拡大

駒鳥文庫さんの本より。アメリカの黒人作家、ボールドウィンに、こんな著作があったとは知りませんでした。読んでみたい。映画エッセイのようですが、時代と、この作家の個性を反映していることは間違いなく、興味深いです。装幀が晶文社っぽいな、と思いました。

画像クリックで拡大

古書柳さんの本から。今日は、店番中に加藤一雄の『雪月花の近代 京都日本画の100年』を読んでいて、さらに、古書柳さんが店番中、富士正晴の話をしていたら、この中に、と薦めていただいた本。上の二人が一緒に論じられている文章が入ってます。京都はまだまだ奥が深いと感じる今日この頃。

画像クリックで拡大

文壇高円寺 古書部さんの本から。尾崎一雄『わが生活 わが文学』。戦後すぐの随筆などをまとめたもの。まだまだ著作の3分の1も読めてないので、時間をかけて、ゆっくり読みたい作家。マイペースさが好きです。

この他にも、まだまだあります。やっぱりアレが気になって、という方、まだ行けてへんねんよ、という方、え?そんなんやってたん?という方も、お待ちしております。天気はなんとか持ちそうです。あー、名残惜しいなぁ。

      なかむら

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

第4回古本フェス@トリペル・6日目、7日目

です。

ついに第2部がスタートしました。6日目も、開店前にお客様が。ありがたいことです。
第2部も様々な顔ぶれ。各店のカラーが出ております。ご紹介を。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

店に入って正面の机の右側。Books Subbacultcha(ぶっくす・さばかるちゃ)くん。店名は、好きな曲からとったのだそう。うーん、どっかで聞いた話だ。彼は、今度卒業する学生さんで、アウトサイダー・アートを研究していたそう。文学、マンガ、アート、サブカルチャー、と、以前に出店いただいた、古書五つ葉文庫さんと似た匂いが。先に出店した長岡天神の一箱古本市でも、面白い品揃えでした。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

その左隣。Libretto(リブレット)さん。こちらも一般の方で、以前の古本フェスや、日頃はんのきにもお越しいただいている方。本好きな方が持っている確かな視点によって集められた本たち。小説、エッセイ、絵本・児童書、アート、どれも、なるほど、うーんと唸らされるものがあります。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

その向い側のテーブル、左側、London Booksさん。日本・海外文学、エッセイ、本の本、生活の本、マンガと、バラエティに富んで、様々なお客さんに楽しんでいただける品揃えです。お店の方も、幅広いジャンルで、一般の方から通の方まで楽しめる棚作りをされていて、今回の古本フェスは、そのエッセンスを盛り込んでいただいた感じです。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

その右隣、駒鳥文庫さん。実際のお店は、映画関連書籍の古本専門ですが、今回は、それに加え「駒鳥姉妹店」も併設。70年代の青春小説の代表格・秋元文庫に、音楽の本に、雑誌「洋酒天国」にと、さらに賑やかな品揃え。映画本も、邦画、洋画、時代も様々。じっくりあれこれ見てみたい内容です。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

続いて、奥のテーブル、古書柳さん。日本文学、エッセイが中心。こちらも一般の方ですが、古書善行堂さんの「超」常連で、山本善行さんの薫陶を受けられている方の出品は、流石!なものばかりです。実際読んでこられた軌跡が垣間見られて、面白いです。柳さんは、大阪のちょうちょぼっこさんが発行されているミニコミ「ぽかん」の2号に100冊(!)の書評も書かれています。こちらも必見。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大


そのお隣、文壇高円寺 古書部、こと荻原魚雷さん。日本文学、エッセイ、詩が中心。もう、流石、というのも失礼かもしれませんが、おぉ、とか、あぁ、とか声が出るものが(実際唸っているお客さんがいらっしゃいました)。私自身、日本の戦後文学を改めて読み直そう、と思ったのは、魚雷さんの著作から。こちらもぜひご一読を。このテーブル、日本文学好きにはたまらないものになってます。はい。

6日目の第2部初日は、平日にも関わらず、色々な方にご来店いただきました。中には、仕事を休んで来られた方も。恐縮です。そして、この日の夕方、Librettoさんの息子さんのKくんが店番をしてくれました。今年の4月から小学1年生。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

本の値札スリップを出して、本を袋に入れて、と、お客さんに見守られながら務めてくれました。夕方から雨が強くなって、お客さんが少なく、物足りなさそうでしたが、また週末に店番をしに来てくれるそう。こちらもお楽しみに。

7日目、今日は雨降りのスタートでしたが、程よい間隔でお客さまがご来店。ご自宅にその本があったかどうか確認されてから、もう1度来てくださった方、第1部もお越しいただいた方、第1部にはこれなかったけど、という方。明日からは、また天気も持ち直しそうです。はやくも残り3日。お越しをお待ちしております。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

第4回古本フェス@トリペル・5日目

です。

はやくも、5日目、第1部の最終日でした。この日も程よく晴れて、最終日ということで、駆け込みの方、もう1度来られる方、と色々。

夕方には、店内に、北九州人が5人。古書城田さんご夫妻、同じく、北九州市・小倉で、フェアトレードの雑貨や食品などを扱うお店をされている「一生もんSHOP 緑々(あおあお)」さん、ガケ書房のうめのさん、私。この5人とも、北九州のPR誌「雲のうえ」を応援する、「雲のうえのしたで」の編集委員です。ブログで、北九州のちょっとした情報を発信するとともに、この度、同名のフリーペーパーが出来上がりました。こちら、もう来週あたりには、配布予定です。ぜひ手にとってみてください。

第1部終了後、出店者さんの本の入れ替え。第2部ご出店のLibretto(リブレット)さん、Books Subbacultcha(ぶっくす・さばかるちゃ)くんが来られて、自ら陳列してくださいました。お二人とも、素晴らしいディスプレイです。

古本フェスも、もう残り5日。後半戦もお見逃しなく。。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大



テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トリペル

Author:トリペル
京都市上京区にて2010年6月にオープンしましたカフェー
tripel トリペル です。
3人の店主が日替わりで登場。それぞれ個性を発揮しつつ、おもしろいイベントもやっていきます。
素人の乱・京都4号店!

■店の場所はこちらをクリック

■電話 090-6554-3402

■営業時間 
17:00~24:00 
第一日曜を除く日曜定休
毎月第一日曜は12:00~17:00の間てづくり市を開催中☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。