スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつわ~

昨夜は「ゲームのよるvol.7」に来ていただいたみなさまありがとうございます。
次回の開催についていつもぎりぎりなので、ここでこっそり告知。

「ゲームのよるvol.7」3月18日(金)19:30からです。

さて、昨日ようやくイモフェス出店者の作品がでそろいました。
うつわを売る人
当日と同じポジショニングをしている桜澤くん。
うつわが映えるこの青い棚はBouz cafeのカキナリさんが塗ったもの、実は。
ちょうどうつわを探していたので、当日時間があればゆっくり見て購入したいと、わたしも思います。
うつわのひとつには、サボテンが飾られていました。



うつわのサボテンには、花は咲いていませんが、いい曲ですね。せつない。
冬になにか見つけられたのかなと、自問自答。

イモフェス@トリペル
2月25日(金)13:00~16:30

twitter →@imo_fesu

作品展示と販売。お昼から深夜までカフェ営業しちゃってますよ~。(大丈夫なのか!)

おか
スポンサーサイト

ゲームのよる、それから展示

ほーんとに、事前告知ですみません。
2月22日(火)は、「ゲームのよるvol.6」を開催します。
わりとひっそりとやっている、うちうちのイベントですが、参加自由ですのでお気軽にどうぞ。
内容は、ボードゲームやカードゲームで遊ぼうというものです。
ヨーロッパ、特にドイツではゲーム文化が盛んでして、なかなか多様なゲームがたくさんでています。
ルールを知らなくても、知っている人が教えてくれますよ。
わたしは、ゲームに興じることができないのですが、ひそかに楽しみにしているイベントです。

さて、ハナシが変わって、
今週は、京都造形大の学生の展示がトリペルで行われています。
イモフェス展示
乙女な空間ができあがりつつあります。

これらの作品プラスアルファで
2月25日(金)にフリマと作品の販売をします。
「イモフェス」@tripel
13:00~16:30


ツイッターもやっているみたいよ。

twitter @imo_fesu

25日(金)当日は、わたしのいもケーキなんかもでます。お楽しみに。
日中ににイモフェスが終わったあと、もちろん通常営業しちゃいます。

おか

古本フェス最終日

です。

いよいよ最終日。今日も絶好のお天気でした。色々な方が来てくださいました。最終日って、意外と暇かも、などと思ってましたが、さにあらず。最後まで、賑わってました。

トップバッターは、砂の書・寺井さん、ありがたいです。いつお話しても、勉強になることが沢山。また、3回も来てくださった、古本が大好きだという、お子さん連れの女性。なんと旦那さんはドイツの方で古書店を営んでおられるとか。びっくり!娘さんはハーフ、よく喋る、まつ毛の長い、明るい、面白い娘。続いても、女性、なんと東京から、ツイッターでこのイベントを知って、はるばる来てくださったのです。ありがたいことこの上なし、でした。凄い!他にも、以前に叡電の古本イベントでご一緒した方、通りがかりの方、各お店でフライヤーをご覧になって来てくださった方、などなど、最後のお客様は、「やっと来れました」と、バー探偵のコースケさんでした。探偵濱マイクの本をお求めになられたので、お店に並べてくださるかも。

そして、無事にフェス終了。カライモの奥田さん、思いの外のさこーくん、古書コショコショ(ガケ書房)のうめのさん、そして、トリペルメンバーのおかくん、よねださんでお片づけ。なんとかかんとか明日営業できそうです。遅くまで、ありがとうございました。

今回の古本フェス、始まる前は、どうなることかと想像もつかず、無我夢中でしたが、始まってからも、予想外の楽しさ、嬉しさで無我夢中でした。ほんとに多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。中には、2度、3度、4度とお越しいただいた方もおられました。1歳未満から80歳まで、老若男女問わず。今回、参加してくださった各古書店さんのお蔭で、ほとんどのお客様に楽しんでいただけたのではないかと、勝手ながらに思っています。善行堂さん、トンカ書店さん、きりりん堂さん、ありの文庫さん、思いの外くん、空夢箱さん、砂の書さん、カライモブックスさん、徒然舎さん、古書コショコショさん、固有の鼻歌さん、そして、しつこい私の懇願で重い腰を(?)上げて下さった古書城田さん、ありがとうございました。また、今回も素敵なフライヤーとブックカバーのハンコのデザインをしてくれた、ぱんとたまねぎの林舞さん、超絶技巧なハンコの製作をしてくださったガケ書房のねね子さん、フライヤーを快く置いてくださったお店の方々、ブログやツイッターで宣伝してくださった方々、ありがとうございました。

このようなイベントの主催は初めてで、右往左往しながらの試みでしたが、お客様も含めて、多くの方のご助力で、知らず、自然に、楽しいイベントとなりました。ただただ、深謝深謝です。また、次回も今年中にやりたいと思っております。次回も色々な方の助けをお借りしつつ、あたふたとしてるかもしてませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

本当に、皆々様、ありがとうございました。春はすぐそこ。本でも読んで、春を待ちましょう。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

古本フェス9日目

です。

本日も晴天なり。絶好の週末。沢山の方にご来店いただきました、ありがとうございました。ガイブンスキーさん、吉井さん、チーコさん、マナさん、木更津さんご夫妻、日比野さん、皆々様、ありがとうございました。

以前来ていただいた、赤ちゃん連れの方が小さな娘さんもつれてきてくださいました。その娘は、英語の絵本ですが、絵を気に入ってくれたようで、最初に手に取り、他のも見たのですが、やっぱりこれを、という風に選んでくれました。英語を説明するのはお母さんで、ちょっと大変かもしれませんが。自分を振り返ってみると、やっぱり、幼い頃に読んで気に入っていた絵本の絵は、覚えているもので、その娘にとってもそんな本になってくれたらいいなぁ。

また、このフェスの間、自分は、自分から見て、面白い本、面白そうな本、というのを基準に本を並べているのですが、やはり、お客様が本を選ばれる理由もあるわけで、時にはこの組み合わせは、と驚かされることもあったり、この本を買われるのはなぜ?と思うこともあり、もっと色々お客様と話したいなぁ、と思うことが多々ありました。時にはこちらからお尋ねしたり、お客様から言っていただいたり。今日も、マルグリット・ユルスナールの本を買われた女性が「須賀敦子さん(の翻訳)つながりで」とポツっと言ってくださったのが嬉しかったり。また、このフェスの後、通常の店番に戻るのですが、その時は、またゆっくり話せたら、と思います(割といつも聞くか?)。

あと、今日は朋友と呼べる方を発見。ええ、顔・名前を覚えられない仲間です。はい。3,4回会ってやっとですよね、と同意を。接客業として致命的なのですが、中々改善されません。反省はしてます。常に。仲間ができて少し気持ちが軽くなりました。なっただけです、はい、頑張ります。

さぁ、明日はいよいよ最終日。もう何も言いますまい。お待ちしとりまっす。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

古本フェス8日目

です。

画像クリックで拡大        

8日目、風は冷たいものの、日差しは暖かく、眠気をともなうスタート。昨日でブックカバーがなくなったので、店番しつつ、新しく製作。両端を折って、ハンコをペタペタと。外に出て一服していたら、車が。誰だろうと思っていると、林哲夫さんご夫妻でした。お二人とも、車中で帽子、マスクの完全防備だったので気付くまで時間かかりました。すみません。新潟から帰られて、少しお疲れの様子かなぁ、と見えましたが、あっという間に本を見られて、やはり、な一冊。奥さまは、ぱんとたまねぎのミニコミ「パン ほん ひと+地図」をお求めに。この本に掲載されているお店も、流石、良くご存知のようでした。

その後、15時ごろまで途切れずお客様ご来店。砂の書の寺井さんも。少し間が空いたので、こぶ茶とぽたぽた焼きで一服していたら、カライモブックスの野口さん(奥さん)ご来店。「みっちん(生後3、4ヶ月の娘さん)が寝た隙に来ました」、と本の追加も持ってきてくださいました。トリペルメンバーのおかくんも来て、明日のおやつ販売の仕込み。その後もお客様が続き、ありの文庫さん、きりりん堂さん、善行堂常連のTさんも。面白かったのが、先日来てくれたお客様が、その後ありの文庫さんに行かれて、今日、また来てくださって、ありの文庫さんと、ここでばったり、という場面。さすが、古本好きの方は、今回参加していただいたお店にも行かれてるみたい。逆のパターンももちろんあり、嬉しいことです。

画像クリックで拡大

今日は、通りがかりに入ってくださったお客様が多かったです。「いつもこうなんですか?」「またやるんですか?」「次はいつですか?」などなどお声をいただき、また次回へのやる気がふつふつと出てきました。次もね、やりたいと思ってます。また色んな方に出店していただいて(今度はもっと色んな人に手伝ってもらおう・・・とか。)

帰りの頃の風は、結構冷たくなってました。月がまん丸で、大きくて、黄色が濃いのがちょっと不気味で。その月を見て、かに玉が食べたくなったので、また来週でも、いつも行く中華食堂でかに玉(もしくは天津飯)を食べよう、と思ったのでした(なんのこっちゃ)。

画像クリックで拡大

いよいよ古本フェスも、あと2日。幸い天気も良さそうなので、まだお越しになられてない方も、あれ買おうかどうしようか迷ってる、という方も、やっぱり週末は古本屋めぐりだ、という方も、お待ちしております。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トリペル

Author:トリペル
京都市上京区にて2010年6月にオープンしましたカフェー
tripel トリペル です。
3人の店主が日替わりで登場。それぞれ個性を発揮しつつ、おもしろいイベントもやっていきます。
素人の乱・京都4号店!

■店の場所はこちらをクリック

■電話 090-6554-3402

■営業時間 
17:00~24:00 
第一日曜を除く日曜定休
毎月第一日曜は12:00~17:00の間てづくり市を開催中☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。